サービス内容|発明品の商品化なら<特許の窓口>に特許相談をお任せください。

特許の窓口
特許の窓口

サービス内容

中小・ベンチャー企業向けサポートについて

中小・ベンチャー企業向けサポートについて

よい商品やサービスを作って売るだけの時代は終わり、これからは作った商品やサービスを売るだけでなく更に権利化して占有することが必要な時代になります。よい商品やサービスを作って売れば、一時的に売り上げは上がります。しかし、他人に模倣され、安価で提供されてしまえば売り上げは激減してしまいます。模倣側は開発費用をかけずに商品やサービスが作れ、商品やサービスを安価で提供できるため当然の結果となります。このような結果を防ぐため、企業として特許に対する知識や意識を向上させる必要があります。とは言いましても、知的財産(知財)に対して求めるものは企業によって様々です。
例えば、知財の整備が全くできていないため、まずは社員への知財教育から始めたいという企業、自社の知財に対する要望に沿った特許事務所を探して欲しいという企業、まずはスポットで自社の技術分野に沿った知財に関する相談ができる特許事務所を探して欲しいという企業など様々です。当方では、それぞれの企業様に合った特許事務所や専門家をお探ししてご紹介いたします。

一例として以下のサービスを提供しております。

・知財出張サービス
知的財産の専門部門を設置するほどではないが、知的財産の強化は必要であるとお考えの企業様に対するサービスです。社内の発明検討会や発明抽出会など必要なときだけ知的財産の専門部員をアドバイザーとして利用できます。例えば、月に1、2度の発明検討会や発明抽出会などに知的財産のアドバイザーとして出席し、様々なご提案を行わせていただきます。必要であれば、秘密保持契約を結ばせていただきます。
1時間1万円(税別)で、交通費は別途でお願いしております。
・特許事務所マッチングサービス
ご依頼企業様のご要望をお聞きし、ご要望に合った特許事務所をお探しし、ご紹介するサービスです。これにより、どこの特許事務所に出願依頼をすればよいかわからないなどのお悩みを解消致します。
マッチング手数料としてご依頼時に1万円(税別)をお願いしております。
さらに、ご紹介した特許事務所への依頼をされた時点で2万円(税別)をお願いしております。

これらはあくまでも一例ですので、他のサービスについてもお気軽にご相談下さい。

個人向けサポートについて

個人向けサポートについて

昨今、ちょっとした発想から発明をする個人の方が多くなりました。これは全ての商品が100円で購入できる100円ショップなどの急増が背景にあると思われます。このような状況のため、個人の発明が商品化されるケースも多く、契約内容にもよりますが商品化により多額の契約金やロイヤリティを得ている方も多くいらっしゃいます。しかし、そもそも発明とは何か?どのようにしたら発明となるのか?など疑問に思われる方も多くいらっしゃいます。そこで、当方では、個人の方向けに発明に関する相談、特許調査の仕方、特許明細書の読み方及び書き方、発明の商品化サポートなどもお手伝いさせていただいております。
商品化には様々なステップがあり、全てを自ら行うのは困難であります。と言うのも、商品化のステップには、例えば企業への売り込み、資料作り、試作品作り、商品の改良など様々なステップがあるためです。

商品化サポート
具体的なフローの一例です。
1.発明をして出願します。
2.出願して公開後又は登録後に企業に売り込みを行います。例えば、商品内容にもよりますが、10から20社程度に手紙や電話などでアプローチします。
3.試作品を必要に応じて製作します。
4.企業へのプレゼンテーション用の資料を作成します。
5.プレゼンテーションを行います。
6.商品化決定により契約内容を確認し、契約の締結などを行います。

東京、神奈川、千葉、埼玉のみならず全国において、発明相談、発明の商品化サポートをさせていただいております。是非、お気軽にご相談下さい。

初心者向けの発明セミナーについて

初心者向けの発明セミナーについて

特許や発明に興味はあるが、個人による発明相談は気が引けるという方には初心者の方向けの発明講座を随時開催しております。こちらの講座では発明と何か?発明をする上で気をつけるべきことは何か?どのようにしたらよい発明ができるか?など基礎的な内容についてお話させていただきます。特許や発明にご興味のある方は是非ご参加下さい。

特許発明講座
こちらの講座は、特許明細書の読み方、書き方、特許調査のやり方など特許事務所に依頼しなくても自分で出願できるようになるための基礎講座です。このような初心者向けの実務講座は他にはなかなかありません。4コマの講義から構成されており、1日で4コマを行い、1コマあたり1時間程度です。なお、コマごとの選択も可能です。
1コマ目
基礎内容の講義(発明とは?、新規性、進歩性などの要件とは?など)
2コマ目
特許明細書の読み方(特許明細書の構成、それぞれの構成の読み方など)
3コマ目
特許明細書の書き方(特許明細書の各構成の上手な書き方など)
4コマ目
特許調査のやり方(自身の発明と同じ発明が既にされているかなどを特許庁のデータベースを用いて調査する方法など)

PageTop